~美味しいうどんの調査、引き受けます~
カレンダー&アーカイブ(Tree)
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )
プロフィール

麺探偵

Author:麺探偵

うどんが大好き!ちょっと珍しいお店も調査に伺います。 いいお店があれば、下のメールフォームから情報を教えてくださいませ。 コメント大歓迎ですが、誹謗中傷など管理者が不適切と判断したものや、名前の無いコメントは管理者で一方的に削除することもありますので、ご了承ください。
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

P1180694.jpg

最近、レアなお店訪問に本腰が入ってるでしょ!・・・探偵心に火が点いた感じですよ♪
というわけで今回は、まちの規模に比べて何故か有名うどん屋さんが少ない高槻市へGO!
お店はJR摂津富田駅の真ん前にありました。





◇手打ちうどん さぬき(摂津富田)
P1180695.jpg

P1180696.jpg

お店は、ビルから少し降りた地下部分です。
見るからに歴史があるお店だと伝わってきます。
そのひとつに・・・





※食品サンプル
P1180716.jpg

入口手前に並ぶ食品サンプル
今はこうしたサンプルは少なくなりましたよね~





P1180700.jpg

昭和な店内には、当然ながらカウンター席などありません。
まだお昼のピーク前だったので、1人ですが4人掛けのテーブル席に着席





※メニュー
P1180698.jpg

メニューの名前が「できますもの」
いやあ、乙ですなあ♪





P1180699.jpg

さぬきうどんの由来が書かれてますよ
こんな歴史深いお店が高槻にあるなんて、知らなかったなあ





※店内のようす
P1180697.jpg

お店はこんな感じです
昔ながらのお店っていう感じでしょ!





※釜めし定食(800円)
P1180701.jpg

昔ながらのお店ですから、昔ながらのメニューにしてみました。
そう言えば昔、今は亡き父親が「釜めし」が好きで、よく食べてたよなあ・・
そうそう、うどんは「冷」も出来ると聞いたので、「冷」にしました。





P1180705.jpg

P1180711.jpg

ここのうどんの特徴は、何といってもこのワカメ
「鳴門ワカメ、入荷しました」とPRしてるだけあって、珍しくワカメがたっぷり入ってます。
歯ごたえもあって、新鮮そのもの





P1180706.jpg

冷たいうどんは、ぶっかけで、伸びはさほどないものの、しっかりしたコシに驚き!
昔、故郷の香川で食べたことがある、懐かしいうどんを思い出しました。
流行を追わず、昔ながらのうどんを守り続けるお店といった感じでした!





※釜めし
P1180709.jpg

P1180710.jpg

やや小ぶりな釜ながらも、久しぶりの釜めしがうれしいねぇ
しゃもじで茶碗についだご飯は、やさしい味わいでウマ~い!
ただ、おこげがあれば、もっと良かったけどね





P1180715.jpg

もちろん、完食です。
ぶっかけ出汁は、やや甘めでしたが、美味しかった!
なかなか満足度の高いランチでしたよ。





P1180714.jpg

過去の古い暖簾をオブジェとして飾っておられました。
歴史あるお店のなせる業、さすがですね!
ごちそうさまでした!








「手打ちうどん さぬき」
高槻市大畑町1-3
☎072-693-3364
open:11:00-20:00
close:月曜日



さてさて、ここで麺探偵からの出題です!

次回のお店は・・・

P1180844.jpg

さあ、推理してみてください!




スポンサーサイト
2017/05/13 19:00 高槻市 TB(0) CM(8)
DSC07843.jpg

電車で滋賀県に向う長男を送りにJR高槻駅に送って行った帰り、あるうどん屋さんの存在を思い出しました。

時計を見たら、22時30分。果たして無事にうどんを食べれるのか不安に思いつつ、車は阪急高槻市駅付近へ!


DSC07864.jpg

おっ!!来てる!!!向こうに見えるあの軽自動車が、高槻市の夜の名物、「てっこりうどん」さんです。

ラーメンとかで使う「こってり」じゃなくて、「てっこり」です!なお、「てっこり」とは、あぶらかすのことだそうです。


DSC07845.jpg

呑みに行った帰りに、麺類が食べたくなった人々を救う正義の味方です(笑)


DSC07848.jpg

うどんのメニューは実にシンプルで、「てっこりうどん」と「てっこりカレーうどん」の2種類のみ。


DSC07850.jpg

お酒呑みを相手にして適当な食材を使うお店とかでなく、ご覧のように具材とかには相当なこだわりがあるようです。


DSC07849.jpgDSC07851.jpg

車の、いえ、お店の(笑)サイドには割り箸が、後方は香辛料がのったカウンターがそれぞれ設置されています。


DSC07861.jpg

「てっこりカレーうどん」 (700円)の完成です!やっぱり、カレーうどんやと思ってるあなた、正解ですw


DSC07859.jpg

あぶらかすが入って700円と、お値段はかなり抑えられていますが、結構な量のあぶらかすが入っています。


DSC07857.jpg

うどんは、コシの強い讃岐タイプではなく、いわゆる柔らかめの大阪うどんですね。

でも、適度にもっちりしてて、お酒を呑んだ後とかには、こういうタイプが優しくて美味い!


DSC07855.jpg

カレーの出汁には、あぶらかすが溶け出した旨みがしっかり出ており、結構なハイレベルなカレーですよ!






正直なところ、それほど期待はしていなかったものの、食べてみるとビックリする深みある味で実に美味い!

多くの高槻市民のアルコール後の〆の役割を、この地でしっかり担っているお店だなあと思いました。

この貴重な存在は、これからもしっかり残してほしいなあと、強く思いました。







DSC07862.jpg




ごちそうさまでした!



DSC07854-2.jpg



てっこりうどん




さてさて、ここで麺探偵からの出題です!

次回のお店は・・・

DSC08218.jpg

はい、1年ぶりのうどん県です。さあ、推理してみてください!


2015/01/13 19:00 高槻市 TB(0) CM(10)
DSC06140.jpg

この夜は、高槻まで遠征して、「激辛地獄ラーメン 一発屋」さんまでやってきました。

過去に、激辛カレーうどんの三佳屋さん(記事はここ)や、「辛麺屋 桝元」さんの23倍(記事はここ)を美味しく食された辛いもの好きな嫁さんをお連れしました。


DSC06139.jpg

ぴょんこさんの記事machiさんの記事を見て、これは嫁さんにはお奨めやなあと思ったわけです、ハイ。


DSC06157.jpg

お店は、店主1人で経営する、カウンターのみの比較的こじんまりした感じ。ここが地獄なんですねw


DSC06142.jpg

もともとは「博多長浜ラーメン」のお店っぽいですが、ここは「元祖激辛地獄ラーメン」いっとかな!


DSC06143.jpg

メニューは思いのほか、多いように思いますね。


DSC06146_20141006221219371.jpg

嫁さんの注文した、「元祖激辛地獄ラーメン (3丁目)」 (980円)です。


DSC06152.jpg

ぴょんこさんの召し上がった「4丁目」、machiさんの召し上がった「2丁目」の間にあたる「3丁目」に落ち着きました。

まだまだ余裕の食べっぷりに、「4丁目」でもよかったかなと(オー汗)



えっ?探偵はっ?

DSC06147.jpg

もちろん、汗かき、べそかき、お子ちゃまなので、そんなチャレンジは到底無理!(笑)

というわけで、ノーマルな「坦々麺」 (880円)です。


DSC06150.jpg

それでも、ご覧のとおり辛そうでしょ。 ええ汗かきましたよ。


DSC06156.jpg

ひえ~!「鬼」もビックリ?強烈に辛そうなものが売られてますなあ。


DSC06155.jpg

壁には達成者(?)の写真の数々



ごちそうさまでした!


DSC06141.jpg



激辛地獄ラーメン 一発屋





さてさて、ここで麺探偵からの出題です!

次回のお店は・・・

DSC06238.jpg

綺麗な傘の照明ですね! さあ、推理してみてください!

2014/10/08 19:00 高槻市 TB(0) CM(14)
DSC06138.jpg

高槻の「釜あげうどん 喜八」さんに初訪問です。

実はここ、嫁さんと近くのラーメン屋さんに行くために偶然前を通りかかり、是非入りたくてラーメン帰りに連食です。


DSC06160.jpg

表にかかったこの看板に目が釘付けになり、連食を懸念しつつ、素通りできない「うどん小市民」です(笑)

当ブログでは初の「高槻市」のお店ですしね。 さあ、お店に入りましょう。


DSC06163.jpg

店内は、5人掛けのカウンターとテーブル席が数席あり、白木系統の内装になっています。


DSC06164.jpg

メニューです。最安値の「月見うどん」が450円で、ワンコインを割る安さは、魅力的ですね!


DSC06165.jpg

おでんをアテに、お酒も呑めますよ。


DSC06166.jpg

壁にはメニュー表にはない「新しいメニュー」が貼ってありました。


DSC06172.jpg

ラーメンを食べた後なので、おとなしく 「ざるうどん(特盛サービス)」 (630円)です。

日頃の行いでしょうか(笑)、探偵が偶然訪れた水曜日は、なんと「麺が2倍の特盛が無料サービス」になります。


DSC06173.jpgDSC06177.jpg

うどんは見た目どおり中太の麺ですが、麺の太さが不揃いで、面白いですね。


DSC06178.jpg

伸びがやや少ない麺は、冷たくても普通に美味しいものの、探偵的には温にした方が、きっともちもちしてこの麺には合うかなと思いました。

次回は、お店の冠になっている「釜あげうどん」あたりを狙ってみたいと思います。


DSC06175.jpg

そうそう、嫁さんはと言うと、さすがに麺の後に麺は無理らしく、おでんを2つ食べてはりました。


DSC06176.jpg


ごちそうさまでした!


DSC06159.jpg



釜あげうどん 喜八





さてさて、ここで麺探偵からの出題です!

次回のお店は。。。

DSC06199.jpg

私、お酒のことは疎いんですが、珍しそうなお酒ですね。  さあ、推理してみてください!



2014/09/30 19:00 高槻市 TB(0) CM(12)
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-