FC2ブログ
~美味しいうどんの調査、引き受けます~
カレンダー&アーカイブ(Tree)
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )
プロフィール

麺探偵

Author:麺探偵

うどんが大好き!ちょっと珍しいお店も調査に伺います。 いいお店があれば、下のメールフォームから情報を教えてくださいませ。 コメント大歓迎ですが、誹謗中傷など管理者が不適切と判断したものや、名前の無いコメントは管理者で一方的に削除することもありますので、ご了承ください。
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

_1350774_20200621220232feb.jpg

さあ、地元の町中華を楽しもうシリーズ!
今回は、行きつけのヘアサロンのマスターからいただいた情報。
京阪電車の「門真市駅」付近のお店に初訪問です。







DSC01073_202006212202285fc.jpg

「住友通商店街」と言います。
昔は、この通りに住友銀行(現、三井住友銀行)があったんよね。
その名残で、この名前が付いたかどうかは定かではありませんが。







DSC01075_20200621220229036.jpg

この通りには、以前、当ブログでご紹介したうどん屋さん「いろは」さんがあります。
その時の記事は・・・こちら
今も元気に営業されていますよ。







◇中華料理 珉珉(みんみん)@門真
_1360035.jpg

珉珉(みんみん)は、中華料理のチェーン店ですよね。
ここもそうかとは思うものの、どう見てもオリジナリティに溢れています。
なお、詳細は不明です・・・。







※入口メニュー
_1360037.jpg

入口に貼られたサービス定食のメニュー
すべてがワンコイン
もちろん、税込み価格でございまする。







※テーブル席
_1360044.jpg

お店は、カウンター席が7席と、テーブル席が3つ
暖簾が掛かるのを待って入店したのに、何故か先客のおじいちゃんが一人ラーメンを食べてるw
壁メニューを撮影したかったので、一人ですがテーブル席へ座らせてもらいましょう。







※セットメニュー
_1360045.jpg

やきめしセットが850円
まあまあするやん。







※定食メニュー
_1360046.jpg

_1360047.jpg

からあげとスブタは、サービス定食は500円だけれど、こちらの定食なら800円!
一方で、ギョーザとマーボー豆腐の定食は、サービス定食も普通の定食もどちらも500円。
この差は何なのか、推理できない(汗)







※店内のようす
_1360043.jpg

お世辞にも、さほど綺麗とは言えない店内(笑)
ふふふ
まあ、そんなものを求めていないのでいいんですけどねw







■スブタ定食(サービス定食で500円)
_1360050.jpg

800円じゃない、500円の方のスブタ定食を選びました。
ネタ的にも見たいでしょ?
定食だけあって、ちゃんとスープと漬物も付いてきましたよ。







■スブタ
_1360052.jpg

野菜の色合いは少ないものの、ちゃんとした酢豚ですよ。
量はさほど多くはありませんが、逆に不満もありません。







_1360053.jpg

酸味も効いて、なかなかいいじゃないですか。
これでワンコインは有難いかも。







■スープ
_1360054.jpg

だいたい、ラーメンスープを基本にする定食のスープ
しかし、これは何味だろう?
わからない(笑)







■餃子(250円)
_1360056.jpg

京都の珉珉で食べた美味しい餃子を思い出して、注文してみた。
うん?






_1360058.jpg

あれれ、ちょっと、違うなあ~
珉珉のチェーン店なら、同じ餃子かと思ったが・・・
どうも、お店のオリジナリティが強く出ているように思うのだが。









_1360060.jpg

とはいえ、美味しくいただきましたよ。
ちゃんと完食&全スープ







_1360040.jpg

ごちそうさまでした!










「中華料理 珉珉/門真店」
門真市小路町9-1
☎06-6909-8627
open:11:30-21:00
close:火曜日



さてさて、ここで麺探偵からの出題です!

次回のお店は・・・

_1360012.jpg

我ながら、洒落た出題ですよ。
この「4」が意味するものは・・・
さあ、推理してみてください!




スポンサーサイト



2020/06/24 19:00 中華料理 TB(0) CM(6)
緊急事態宣言の期間中、
ブログの更新は
現在ストックしている記事を中心とするため、
更新頻度を落としながらのアップになります。
月・水・金(週3回)→→→火・金(週2回)
ご了承ください・・・m(__)m






_1350774.jpg

BSで玉袋筋太郎さんが出演するこの番組、知ってますか。
私も同じく町中華が好き。
うどんの合間に、眠っている町中華の名店を探していきましょう。







◇中国料理 上海楼(門真)
_1350491.jpg

お店は、私の地元の門真にあります。
京阪電車でいうと、「大和田」駅が最寄ですね。
お決まりのオーソドックスな「中華料理」の暖簾。







※食品サンプル
_1350493.jpg

食品サンプルも町中華の必要十分条件(笑)
このお店、地元の知人によると少なくとも50年前にはここに現存していたらしい。
かなり老舗の町中華ですな。







※テーブル席
_1350500.jpg

サントリーからもらったと思われるグラス。
いいじゃないですか。
こういう要素が大切なんですよw







※メニュー
_1350495.jpg

_1350496.jpg

麺類も丼物もSサイズかLサイズの選択が可能。
普通と大盛という意味でしょうね。
さらに・・・







※ランチメニュー
_1350497.jpg

洋食のようなAランチにBランチもあるけど、品数だけで中身の説明なし(笑)
好き嫌いがちょっとだけある私は怖くてたのめない。
定食で気づいたけど、100円だけの差があるLサイズは恐らく白ご飯が大盛なんでしょうね。







■チャンポンS(650円)
_1350504.jpg

まず運ばれてきたのが秘書が好物なチャンポン
昔から中華へ行けば、チャンポンばかり食べるのよね。
でもこれでSなら、Lは空恐ろしいかも・・・。







■スープ
_1350501.jpg

そして、私にはスープが先にやってきました
この時点で私がたのんだものがご飯もの(丼類)であるのが確定ね。
ラーメンを活用したこのスープがいいのよね。







※店内のようす
_1350512.jpg

そうそう、店内はカウンター席とテーブル席が3つほど。
安定の朱色が基調で、奥に長いタイプの造りです。
町中華なので、出前もやる家族経営のお店ですね。







■マーボーナス丼S(680円)
_1350506.jpg

町中華で、またしても茄子
変化球知らずで、茄子のメニューがあれば、絶対にたのんじゃう(笑)
私にとっては、間違いなくハズレないメニュー







_1350508.jpg

マーボーの餡を混ぜると、中から茄子ちゃんが顔を出す。
結構な量の茄子が入っています。
嬉しい誤算ですな。






_1350510.jpg

肉味噌も多い。
ピリ辛でめちゃんこ美味い。
ガツガツ食べてまうやつやん、これ。







_1350509.jpg

おぉ~抜群にいい!
すんばらしい味わい!
麻婆と相性がいい野菜では、やっぱり茄子ちゃんが№1ちゃいますか。







_1350511.jpg

お店では生ビールで楽しむお客さんも多い。
私はこの後、仕事があったのでアルコールは我慢。
ホントは、ビールで喉を洗浄したかったけどね(笑)







_1350514.jpg

丼鉢に電話番号
なかなか見ない光景
渋いわ~







_1350517.jpg

道路の前に専用駐車場も2台分ほど完備。
ごちそうさまでした!










「中国料理 上海楼」
門真市大橋町3-8
open:12:00-2130
close:月曜日、火曜日、祝日



さてさて、ここで麺探偵からの出題です!

次回のお店は・・・

_1350533.jpg

サービスし過ぎちゃいますか。
さあ、推理してみてください!









2020/05/12 19:00 中華料理 TB(0) CM(8)
緊急事態宣言の期間中、
ブログの更新は
現在ストックしている記事を中心とするため、
更新頻度を落としながらのアップになります。
月・水・金(週3回)→→→火・金(週2回)
ご了承ください・・・m(__)m






_1350382.jpg

千林の山田製麺所の大将に教えてもらった町中華に訪問してきました。
直接、大将が行かれたお店ではなくて、お客さんが通われているらしい。
そんな情報でも、私にとっては大歓迎ですよ。







◇中華料理 扶士古(ふじこ)
_1350372.jpg

まず、見た目が中華料理屋らしくない。
町中華には「赤」もしくは「朱」が似合うんだけど。
それに、暖簾もなければ、食品サンプルもない。







※扉メニュー
_1350373.jpg

入口の扉のガラスにメニューを貼りだし。
一応、扉メニューと命名しておきましょう(笑)
期待と不安の中、お店に入ってみましょうか。







※カウンター席
_1350380.jpg

お店は、テーブル席が1つか2つ、あとは7人ぐらいで満席になるカウンター構成。
ホントにこじんまりしたお店ですが、先客多数あり。
サラリーマンや地元民で賑わっていました。







※麺類のメニュー
_1350377.jpg

ラーメンが520円
おそらく醤油ベースの中華そばなんでしょうね。
替え玉とか難しい注文は受け付けません(笑)







※定食のメニュー
_1350374.jpg

焼きそば定食には、2玉も選択可能。
基本、定食で1000円いかないところが有難い。
どれも食べてみたい魅力的な定食が並んでいます。







※ご飯類のメニュー
_1350375.jpg

ご飯類は、すべて(大)、(中)、(小)の3段階あり。
(小)がホンマに少な過ぎるのか、(大)が多すぎるのか。
初訪問で、そんな勝負には出れません。







_1350379.jpg

山田製麺所の大将によると、ここに通うお客さんは「あるメニュー」が美味しくて通っているとのこと。
しかも、それ以外のメニューはイマイチとの情報。
ところが、大将は肝心な美味しいメニューが何だったかを覚えていないという大失態(笑)







■麻婆なす定食(750円ーランチタイム50円引き)
_1350381.jpg

少し考えましたが、ビビッときましたw
ここはわたし的に、絶対に裏切ることがない「なす」ちゃんをチョイスするしかないでしょう。
もともと、麻婆なすは大好物ですからね。







_1350382.jpg

ちょっと少ないように思えましたが、よく見たら結構な量のなすちゃん
野菜はきゃべつではなく、レタスでございます。
見るからに食欲が沸々と湧いてきますよ。







■なす
_1350385.jpg

ピリ辛で艶々のなすを頬張ります。
美味いじゃないですか。
これだけお客さんが入ってるんだから、ノープロブレムでしょう。







■レタス
_1350383.jpg

シャキシャキ感が残ったレタス
実にいい組み合わせですやん!
箸が止まりません。







■スープと漬物
_1350387.jpg

定食についてきた「わかめスープ」と「お漬物」です。
お新香とキムチという中華料理に日韓参戦という、何とも言えない組み合わせw
いいんですよ、これで。







■なすリフト
_1350390.jpg

麺探偵なるもの、この日は麺をたのまず!
ちょっとした失態かな。
仕方なく、麺リフトの代わりに、なすリフトでご勘弁願おうw







■即席の麻婆なす丼
_1350392.jpg

定食の白ご飯を半分と、残った麻婆なすのドッキング
当然、こうなりますわな。
即席の麻婆なす丼ですが、やたらめったら美味いやん!!







DSC01040_20200413000559786.jpg

こちらの「ふじこ」の由来は、聞くところによると店主の子ども時代のあだ名「ふじっこ」から。
そういえば、私が子どものときにも、同じあだ名の友達がいましたわ。
てっきり、「ルパン三世」の不二子かと思いましたが、この漢字は謎ですね。







■近くの銭湯
_1350395.jpg

お店の近くには、尾道ラーメンで有名な「山長」さんがあります。
さらに、目と鼻の先には銭湯もありました。
駅からは比較的近いものの、まさに下町でございます。







_1350371.jpg

ごちそうさまでした!










「中華料理 扶士古(ふじこ)」
守口市大枝西町1-9
☎06-6997-3059
open:12:00-14:30、17:30-21:00
close:水曜日



さてさて、ここで麺探偵からの出題です!

次回のお店は・・・

_1350354-2.jpg

さあ、推理してみてください!




2020/04/17 19:00 中華料理 TB(0) CM(16)
_1340877.jpg

2月の祝日に訪問して振られた守口の中華料理屋さん。
秘書を連れて、リベンジ訪問してきました。
買い物に来た「京阪百貨店」に車をとめて、徒歩でやってきました。







※閉店されたグリルサカエ
_1340852.jpg

大好きだった洋食店「グリルサカエ」さんのすぐ近く。
しかし、閉店の知らせを聞いたときはショックだったなあ。
当ブログでも何度か紹介しましたね・・・。







◇中華飯店 蘭蘭(守口)
_1340858.jpg

すぐに目的のお店に到着!
結構な年季を感じる中華料理屋さんです。
これぞ、町中華の代名詞的な感じかな。







※入口メニュー
_1340860.jpg

ランチのど真ん中の時間帯。
「お昼のお薦めメニュー」が掲示されています。
やはり、定食系が人気なんでしょうね。







※朱色のカウンター席
_1340869.jpg

もちろん、カウンター席は朱色ですw
テーブル席は満席、カウンター席にも先客がいて、ほぼ満員。
よう流行ってますなあ。







※メニュー
_1340865.jpg

メニューの先頭が、「キムチ100円」(笑)
消費増税でお値段が上がったようですが、それでもラーメン400円。
全体的に見ても、安いとしか言いようがない。







※壁メニュー(一部)
DSC01033.jpg

DSC01030_20200310222907d7c.jpg

この日は炒飯が食べたかったんよね。
炒飯は量の違いだけですが、ご覧のように各種そろえておりますww
よし、ラーメンとのセットにしよう!







■炒飯(中)(480円)
_1340872.jpg

お店は2世代で経営されているようですね。
代を譲ったお父さんはホールと出前を担当。
目の前の厨房で、若大将が大きな音を立てて振る中華鍋の音が店内に響く。







_1340874.jpg

炒飯には、大・中・小に加え、少々の4種類がある。
つまり、少でも並みに近く、大はとても危険な香りがします(笑)
なので、中にして大正解。







_1340880.jpg

フワパラとまではいきませんが、旨味が凝縮した炒飯
これは、めちゃくちゃ美味い!!
結構な量でしたが、これは想定内。







■ミニラーメン(300円)
_1340875.jpg

炒飯(中)とセットにしたのは、「ミニラーメン」
炒飯を少なめにするか、またはラーメンを少なめにするかは悩みどころw
ただ、このセットでも780円なので、コスパ抜群でっせ!!







_1340878.jpg

醤油系のシンプルな中華そばですが、納得の美味さ。
凝視していた秘書が言うには、「一生懸命、ちゃんと作ってはった。」
あるお店で、スーパーで売ってる市販の袋麺を堂々と使っているのを目撃したことがあるらしい(笑)







■麻婆丼(630円)
_1340870.jpg

_1340879.jpg

そういう秘書は、ちゃんぽんと悩みに悩んで、麻婆丼に決定。
630円でも、スープ付き。
一口いただきましたが、肉が多くて、実に美味しかったなあ。







_1340884.jpg

飲食店ですが、値段が安いだけではこれだけ続かない。
やはり、味と値段の頃合いが大事なんでしょう。
ここは、かなりお薦めできる町中華のお店ですぞ!!







_1340862.jpg

ごちそうさまでした!










「中華飯店 蘭蘭」
守口市日吉町2-4-5
☎守口市日吉町2-4-5
open:11:00-21:00(土曜日は20:00まで)
close:日曜日、祝日



さてさて、ここで麺探偵からの出題です!

次回のお店は・・・

_1340908.jpg

さあ、推理してみてください!




2020/03/13 19:00 中華料理 TB(0) CM(6)
_1330798.jpg

あと少し、年末の記事が続きますので、お付き合いください。
この日は、新年に向けた散髪で訪れたマイ理髪店(笑)のマスターとグルメ談義。
町中華で美味しいお店の情報を仕入れたので、さっそく帰りに寄り道してみることにしました。







※京阪電車「西三荘駅」近くの光景
DSC00906_20200113222503eb6.jpg

ここがそのお店ではなく、道中にたまたま通過した光景。
電車の高架下にある居酒屋さんが、頑張って外でも営業している様子です。
おでん50円はかなり安いんじゃね?







◇丹丹亭(大日)
_1330785.jpg

京阪電車の西三荘駅から、パナソニック本社を抜けて守口市に入ったあたり。
ありましたよ、周囲の風景に溶け込んだ「町中華」のお店が。
これは、うどん店の合間にシリーズ化していこう(笑)







※食品サンプル
_1330787.jpg

町中華のお店にほぼほぼあるのが、この食品サンプル。
いわば、ランドマーク的な存在ねw
絶対に実物の方が美味しそうというのが魔訶不思議(笑)







_1330786.jpg

このお店に親近感が沸いた理由がこれですよ。
暖簾の「丹丹亭」の先頭の「丹」の1文字を隠して撮ると・・・
「丹亭」→たんてい→探偵(はい、ここ笑うところw)







※朱色のカウンター席
_1330794.jpg

「町中華」のもう一つのランドマークがこの「朱色」のカウンターでしょう。
しかも、年季が入りすぎて、朱色がかなり色あせております。
そして目の前には、コミック全集w







※メニュー
_1330792.jpg

_1330791.jpg

ラーメンが450円で、餅ラーメンなものもある。
何処をどう見ても、全部3桁で1,000円以下ばかり。
定食でも800円が最高値ですから、有難いですね。







■中華丼(ツーチンホイファン)(550円)
_1330796.jpg

理髪店のマスターによると、グルメなお客さんが美味しいよと言っておられたのがこの中華丼らしい。
初めてのお店で食べるメニューって結構戸惑うけど、ここはおススメをいっとかないとね。
昼ビーも頭をよぎったが、初訪問だし大人しく単品で勝負。







_1330797.jpg

_1330800.jpg

角度を徐々に変えてパシャリ。
大きく切られた野菜に、海老が顔を出す。
これでワンコインちょいの550円ですから嬉しいなあ(^^♪







_1330802.jpg

_1330799.jpg

見た目どおりの、やや濃いめの味付けが私の好みにドストライクで、めちゃくちゃ美味いがな!!
これは今まで食べた中華丼を完全に凌駕する「№1の中華丼」と言っていいでしょう!
まあ、これまでそんなに食べてないけど(笑)







※店内のようす
_1330795.jpg

どうですか、昭和でしょ(笑)
私よりやや先輩と思われるご夫婦で営まれるお店。
先客もなく、ゆったりといただけました。







_1330803.jpg

箸ならぬ、スプーンが止まらない。
一気に胃袋に掻き込みました。
いやあ美味かったなあ。







_1330788.jpg

ごちそうさまでした!










「丹丹亭」
守口市八雲東町2-51-7
☎06-6909-6080
open:11:301400、17:00-21:00
close:火曜日



さてさて、ここで麺探偵からの出題です!

次回のお店は・・・

DSC00926-2.jpg

さあ、推理してみてください!




2020/01/15 19:00 中華料理 TB(0) CM(10)
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-